化粧落としに使用するクレンジング剤

化粧落としをしっかりと行うという事がスキンケア(自己流だと案外間違っていることも多いものです)の基本にあるかも知れませんね。

肌を健康な状態に保つためには、
化粧汚れは帰宅後早いうちから落とし、
化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)やクリームで肌をやすませると言う事なのです。

化粧汚れが残っていると油分が酸化して肌を傷めることにもなるでしょう。

クレンジングをしっかりと行って、
化粧の落とし残しがないようにして下さい。

クレンジング剤には様々な種類がありますので、
肌質や普段どの程度の化粧をしているかによってもあったものを選びましょう。

化粧落としの力は強いけれど肌への刺激が強いオイルタイプ、
拭き取りタイプ、
ジェルタイプが、
クレンジング剤にはありますね。

肌への刺激が弱いけれど化粧落としの力が弱いクリームタイプと乳液タイプ等もあるのです。

特にオイルタイプは化粧とのなじみがすごくよく、
化粧汚れを残さず落とすことができるはずです。

洗浄力が強いぶん、
肌を傷めてしまいがちそうです。

化粧の油分とのなじみは、
リームや乳液タイプは水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を多く含んでいらっしゃるのであまりダメだと言うのです。

洗浄力は弱いかといって、
肌への刺激は少なく、
乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)や敏感肌の人でも化粧落としに使ってみることができるはずです。

肌やメイクの状態と合わせて、
それぞれのクレンジング剤が持つ長所や短所を理解してたうえでうまく使い分けるようにしましょう。フレッシュフルーツ青汁